弁護士 後藤 邦明(葉山法律事務所)|厚木市 > 離婚 > 財産分与の対象になる財産とは

財産分与の対象になる財産とは

「離婚する際には、結婚している間に貯めた財産を分け合うことになると聞いたが、どのような分け方になるのだろうか。」
「結婚する以前から貯蓄していた預金については、財産分与の対象にはならないとの認識でよいだろうか。」
このように、離婚時の財産分与についてお悩みをお持ちの方は数多くいらっしゃいます。

 

このページでは、離婚にまつわる様々なテーマのなかから、財産分与とその対象となる財産についてご説明いたします。

 

■財産分与とは
財産分与とは、夫婦が離婚するにあたり、結婚期間中に共同で築いてきた財産を分け合うことをさします。一つの家庭を築いてきた夫婦が離婚後はそれぞれ個人となるわけですから、財産分与によって分け合う必要があるのです。現在主流となっている財産分与の方法は、清算的財産分与と呼ばれる方法で、夫婦それぞれ2分の1ずつ財産を分け合う方法です。このとき、夫婦の一方が専業主婦(主夫)であったかどうかは考慮されません。理由としては、専業主婦(主夫)であっても家庭内の様々なことを行う役割を担い、それによってもう一方が仕事をして収入を得ることができたというように考えることができるからです。

 

■財産分与の対象となる財産とは
財産分与の対象となる財産は、共有財産とよばれるものです。共有財産には、夫婦が結婚してから貯めた現金や預貯金、有価証券のほか、購入した住宅や自動車などが含まれます。加えて、厚生年金も共有財産とされて財産分与の対象となります。また、こうしたプラスの財産のほか、マイナスの財産である住宅ローンや自動車ローンなどの借金も財産分与の対象となります。一方で、共有財産とされない財産もあり、独身時代からの預貯金や、所有品、普段から使用している衣類や道具などは特有財産とよばれ、財産分与の対象外となります。

 

■財産分与の具体的な方法
前述のとおり、財産分与では、住宅や自動車など一つのカタチがあり分けることができないものと、現金など分割することができるものがあります。そこで、具体的な財産分与の方法として、財産分与の際には、住宅や自動車の時価を計算し、一方がそれを所有し、所有しない側が受け取る現金を増やす方法があります。また、住宅や自動車を売却し、現金化したうえで現預金と合わせて分配するという方法もあります。どの方法で財産分与を行うのがよいかは、財産の状況やご自身の環境に合わせて、慎重に検討する必要があるでしょう。

 

お気軽に 弁護士 後藤邦明までご相談ください。

よく検索されるキーワード

弁護士紹介

後藤邦明弁護士の写真
弁護士 後藤 邦明 (ごとう くにあき)

神奈川県出身の弁護士です。

法律問題でお困りの方が、気軽に相談できる町医者のような弁護士を目指しています。

厚木市及びその周辺で地域の皆様から長年にわたり信頼されてきた葉山岳夫弁護士が所長を務める事務所に所属しております。

お気軽にご相談・ご依頼ください。

 

弁護士に相談することが初めての方は多いかと思います。相談の雰囲気を知りたい方は、下記「弁護士ドットコム」のバナーに入り、「感謝の声」(お客様の声)をご参照ください。

弁護士ドットコム|無料法律相談・弁護士/法律事務所検索ポータル

  • 所属団体
    • 神奈川県弁護士会
    • 公益社団法人厚木青年会議所(厚木JC)
  • 経歴

    神奈川県藤沢市出身

    早稲田大学卒、明治大学法科大学院修了

    平成24年 弁護士登録

    青森県での勤務弁護士、福島県庁勤務での震災・原発事故からの復興支援などを経て、生まれ故郷の神奈川県厚木市の法律事務所へ移籍、現在に至る。

事務所概要

名称 葉山法律事務所
弁護士 後藤 邦明(ごとう くにあき)
所在地

〒243-0018神奈川県厚木市中町4-4-10

アイディーコート本厚木シティーゲート201号

電話番号 046-297-3415
対応時間 平日 9:30~17:30(事前予約で時間外も対応可能)
定休日 土・日・祝(事前予約で休日も対応可能)
事務所内観