弁護士 後藤 邦明(葉山法律事務所)|厚木市 > 離婚 > 離婚の種類と成立までの流れ

離婚の種類と成立までの流れ

「離婚の方法は何種類かあると聞いたが、どの方法で離婚するのが自分にとって最適なのだろうか。」
「それぞれの離婚の方法によって、何か変わることがあるのだろうか。」
このように、離婚の方法についてお悩みをお持ちの方は数多くいらっしゃいます。

 

このページでは、離婚にまつわる様々なテーマのなかから、離婚の種類とそれぞれの成立までの流れについてご説明いたします。

 

代表的な離婚の方法としては、協議離婚、調停離婚、審判離婚、裁判離婚の4つがあります。

 

①協議離婚
協議離婚とは、夫婦が離婚するかどうかやその際の条件について話し合いを行い、合意することで成立させる離婚のことです。協議離婚の手続きは、必要事項を記入し夫婦双方が署名押印した離婚届を役所に提出することで離婚が成立するというものです。協議離婚は離婚のなかでも最も一般的な離婚の方法であり、成立した離婚のうちおよそ9割がこの協議離婚によるものだともいわれています。夫婦だけの協議と合意によって成立させることができる容易さが協議離婚のメリットではありますが、一方で、離婚前に取り決めておくべき内容を取り決めていなかったり、取り決めた内容を履行してもらえなかったりなど、離婚後トラブルとなるケースも多く、注意が必要です。

 

②調停離婚
調停離婚とは、夫婦関係調整調停を利用して成立させる離婚のことです。夫婦関係調整調停は一般に離婚調停とも呼ばれ、家庭裁判所で行われます。離婚調停は、夫婦が調停員を通して自身の意見を伝え、相手の意見を聞くという形で進行し、当事者である夫婦が直接顔を合わせることはありません。そのため、DV(家庭内暴力)やモラハラの被害を受けている方にとっては、離婚に向けて利用しやすい制度となっています。また、第三者が夫婦の間に入ることで、夫婦だけで話し合いを進めるよりも冷静に、客観的な意見を踏まえて話し合うことができます。話し合いが平行線をたどり、離婚のめどが立たない場合には、調停不成立となり調停は終了します。調停は何度でも申し立てることができますので、調停不成立になった場合は改めて調停を申し立てるか、離婚訴訟の提起を検討することになります。

 

③審判離婚
審判離婚とは、裁判官の職権で離婚の審判を下すことで成立する離婚のことです。離婚の審判は2週間以内に異議申し立てをすることで、効力を失ってしまうため、現在ではあまり審判離婚は行われていません。

 

④裁判離婚
裁判離婚とは、家庭裁判所に離婚訴訟を提起し、その判決によって成立させる離婚のことです。離婚訴訟を提起するためには、少なくとも一度離婚調停が不成立に終わっていること、民法に定められた離婚事由に該当することが条件となっています。訴訟においては期間や費用を要するため、離婚したいが離婚できないという方の最後の手段が裁判離婚となっています。

 

このように、離婚の種類は様々で、その手続きや流れも大きく異なります。
ご自身の状況に応じて、適切な離婚の方法を選択することが大切です。

 

お気軽に 弁護士 後藤邦明までご相談ください。

よく検索されるキーワード

弁護士紹介

後藤邦明弁護士の写真
弁護士 後藤 邦明 (ごとう くにあき)

神奈川県出身の弁護士です。

法律問題でお困りの方が、気軽に相談できる町医者のような弁護士を目指しています。

厚木市及びその周辺で地域の皆様から長年にわたり信頼されてきた葉山岳夫弁護士が所長を務める事務所に所属しております。

お気軽にご相談・ご依頼ください。

 

弁護士に相談することが初めての方は多いかと思います。相談の雰囲気を知りたい方は、下記「弁護士ドットコム」のバナーに入り、「感謝の声」(お客様の声)をご参照ください。

弁護士ドットコム|無料法律相談・弁護士/法律事務所検索ポータル

  • 所属団体
    • 神奈川県弁護士会
    • 公益社団法人厚木青年会議所(厚木JC)
  • 経歴

    神奈川県藤沢市出身

    早稲田大学卒、明治大学法科大学院修了

    平成24年 弁護士登録

    青森県での勤務弁護士、福島県庁勤務での震災・原発事故からの復興支援などを経て、生まれ故郷の神奈川県厚木市の法律事務所へ移籍、現在に至る。

事務所概要

名称 葉山法律事務所
弁護士 後藤 邦明(ごとう くにあき)
所在地

〒243-0018神奈川県厚木市中町4-4-10

アイディーコート本厚木シティーゲート201号

電話番号 046-297-3415
対応時間 平日 9:30~17:30(事前予約で時間外も対応可能)
定休日 土・日・祝(事前予約で休日も対応可能)
事務所内観